よくあるご質問 – VTThai
Welcome VTThai
  • 0
    トータル: $0.00

    ご購入手続きへ進む

マイカート

よくあるご質問

 

VT THAIが特別かつ個性的な理由

タイで真に美しさやオリジナリティを持つ物は、王宮にある国宝の数々だといえます。この編み細工は200年に渡って数世代間タイで受け継がれています。

なぜこれを機械が出来ないのか

以下のことをするためには何年もの実践経験や技術が求められます。:

  • 素材をカットして細長くする
  • 型を美しく編む
  • 細長くしたトウ(籐)で強く美しい枠を編む
  • のため竹やトウ(籐)の葉の質を厳選する 枠の作成
  • トウ(籐)の葉を剥いで細長くすることで丸い形に編むことが可能になります


タイの各地域で採れた天然素材は、各地域の気候、土、水や空気などの違いから様々な色を持っています。

これは作られた国によってワインの味が異なるように、最終的に様々な色を持つことになります。そして重要な事として、地域によって文化的、歴史的な側面と元となる素材が異なるためにバスケットのデザインがそれぞれ違うものとなるのです。

なぜそれを大量生産出来ないか

タイの手作り製品の美しさの本質は作られる過程にあります。素材の準備に数週間、ひとつの製品を仕上げるのに1ヵ月以上かかることもございます。

なぜVT THAIで手作り製品を購入するべきなのか

  • 世界中の編み細工を購入するに比べ、タイで編み細工を購入するときは特別です。
  • 手芸作品や手作り製品などの編み細工をタイで購入する事は、背景の物語や歴史、タイの生き方”タイ語でVT THAIと呼ばれます”を同時に受け入れ、文化や商品を保護し次の世代に受け継いでいくことに共感して頂いていることになります。
  • 例えば、ウォーターヒヤシンスは国王ラーマ5世によって100年以上前にタイに持ち込まれました。始めにウォーターヒヤシンスは王宮に植えられていましたが、国王ラーマ5世によって貴族にも配られ、次第にタイの国民にも広まっていきました。
  • Krajood ‘Sedge’について、Krajoodは各地域で育てられたワインと同様にストーリーを持っています。Krajoodが生育する地域はタイに4つしかありませんが、Krajoodはそれぞれの地域で違う色を持つという美しさがあります。それはKrajoodを編む前に混ぜられる土が地域によって異なるという理由からです。
  • 他の手作り製品についてもタイの人々は地元の自然の恵みとして使用おり、それが次の手作り製品の傑作を創作する事につながります。200年以上この伝統は続いています。 

発送について

  • 配送には、信頼できる方法でありご注文の商品に100%の保険が付くThailand Postのサービスを用いております。
  • 追跡番号が発行された後にはwww.thailandpost.comにて追跡番号を入力することで商品の配送状況を知ることが出来ます
  • また追跡番号をウェブサイトで入力頂きますと配送状況が確認できます。 

国際配送ポリシー

VTTHAI市場にてご注文頂いた際、地方のエリアから発送する商品もあるため商品によって配送スケジュールが異なります
ご注文商品がお届け先の国に届いた際、税関の通関手続きでお時間がかかった場合はお届け予定日より配送が遅れる可能性がございます。 

VT THAIの配送ポリシーのステータス

  • 作業中
    VTTHAI市場にてご注文頂いた際、地方のエリアから発送する商品もあるため商品によって配送スケジュールが異なります。
  • 配送中
    Thailand Postサービスに商品を預け、お客様にお知らせ致します。
  • 到着
    こちらの商品はお届け先に到着しました。 

関税と消費税

  • 輸入者は購入者または荷受人であり、輸入国の法律や規則に順守する必要があります。
  • タイ国外からの配送は関税や輸入消費税また輸入手数料が輸入国にてかかる場合がございます。
  • 通関手続きで追加費用が発生した場合、輸入消費税また輸入手数料は荷受人の方にお支払い頂きます。
  • VT THAIはこれらの費用に関しての見積もりまたは管理を行いません。
  • 税関の規則は当該国同士で様々ですので、確認の際は購入者の責任においてお近くの税関までお問い合わせくださいませ。
  • 通関手続きが必要な際は、お届け予定日より配送が遅れる可能性がございます。

保険

配送中商品の紛失や損傷 (紛失や損傷の証明が必要です)について全額ご返金または交換無料でございます。

ETC

ご注文の商品にご満足頂けない場合は、最善のご対応をさせて頂きますのでご連絡くださいませ。